トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

FP2FE

Author:FP2FE
 関西・中国・四国の中堅ホテルの私的評価がメイン。最近は首都圏に軸足を置いている。出張先で情報収集・データ整理→爆睡という状況がモチーフ。
 秘書検定1級、ファイナンシャルプランナー2級、基本情報処理技術者、アロマ検定1級、日商簿記2級の零細法人DIY経営者。

おすすめリンク

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

株価&為替ボード

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

健康BMI

「日本国憲法」

日本国憲法

名言

文楽みくじ

着陸態勢時の優先順位

着陸が近づくと
「当機はまもなく着陸態勢に入ります。 お席の背もたれ、テーブルを元の位置に戻し、ベルトをしっかりとお締め下さい。」
という意味のアナウンスが流れ、CAが巡回し確認作業にはいる。

ところが
着陸前に
「ただいまシートベルト着用サインが点灯しました。
低気圧の接近等で気流の状態が悪くこの先揺れが予想されます。
機長の指示により私共乗務員も着席させて頂きます。」
というケースが2回続いた。

この場合
背もたれやテーブルを出していたらどうなるか。
周囲を観察していたら
どうも
そのままの状態で、機長の着席指示が優先されていた。

まあ
乱気流でCAが怪我をしてはいけないし、
背もたれの状況やテーブルで
怪我が重症化しても
それは乗客の自己責任なので
それはそれで良いのかもしれない。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント